SZMBC記録帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 声殺して、目を塞いで、闇に溺れて彷徨って

<<   作成日時 : 2005/06/01 04:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ここ最近、自分の人間付き合いの下手さを実感して凹み気味なはるねです。
*今回の日記は、愚痴です。ここ最近感じた不満や、自分の弱さをぶちまけています。
なので、読んで不愉快な気持ちになられるかもしれないので、そういう日記を読むのは嫌って人は、これ以上先は読まないことをお勧めします。


 自分が嫌だと思っても、その気持ちを相手にぶつけてしまったら喧嘩になってしまう。
だから、相手の気持ちを考えて、自分が嫌だと思っても、相手のことを理解しようとがんばった。
だけど、そうすることで相手は勘違いし、こちらが嫌だと思ってるなんて微塵も感じとらず、無神経に人の神経を逆撫でする。

 相手の気持ちを無下にしたくない、できれば相手をなるべく傷付けたくない。
自分が昔から、好きなものを貶されたり、周りに理解してもらえなかったから、周りの人が俺に勧めてくれたものは、「嫌い」とか、露骨に拒絶したりけなしたりするマネだけはしないと決めていました。
それが自分が嫌いなものであれば、拒絶するのではなく、柔らかに対応し、相手が、俺に勧めるのを諦めてもらえれば幸いと思っていました。

 しかし、俺のそういう思考は、自分の好きなものを他人に押し付けたがる人間からは、「こいつはごり押しすればはめさせられる」と見えてしまってるようです。
自分の嫌いなジャンルの絵(ロボットを女の子にする擬人化や、18禁イラスト等)を、苦手だと訴えているのに、しつこく描けと迫られたり、音楽担当として、無理矢理同人サークルに引っ張り込まれそうになったりしました。
どうしても引き下がってくれそうもなかったので、キッパリと断ったら逆切れされる始末・・・
優しく対応すれば調子付き、はっきりと答えればキレる。

 ヲタクな人たちは、布教活動と言って、自分の好きなゲームやアニメを多数の人に勧めていますが、相手が嫌がっていたり、迷っているような素振りを見せた場合は、無理に押したりするのはやめてください。
「友達や知り合いの頼みだと断りにくい」という考えの人だっているのですから、相手が口ごもってるからって、そこでごり押しするなんて、押し売りや胡散臭い勧誘と、やっていることは変わりません。
自分が好きだからって、他人まで好きになるとは限らない。
下手にごり押しして、逆にその勧められたものに嫌悪感を持ってしまうことだってあるんですから。
サークルの勧誘も同様です。
所属してたサークルから無理矢理引き剥がして、嫌々作らせた作品なんて使いたいですか?
その人が所属してたサークルの、残された人たちの気持ち、考えたことありますか?

 だから、サークルであれ、好きなものを勧めるであれ、まずは第一に相手の気持ちを考えてあげてください。
自分の私情を一方的にぶつけてたって、相手は心を開いてくれるわけがありません。



 ・・・とまあ、色々凹むことが多すぎて、こんなとこでぶちまけてしまった訳ですが、揉め事が起こる場合は、大抵自分にも非があったりするものなんですよね。


「相手に対して不満を感じるときこそ、自分を見つめ直せ」

人間は、自分の長所を過大に見て、短所を過小に見る甘い部分が必ずしもあります。
他人に不満を感じる時というのは、「自分の思うように行かない」「自分と考え方が違う」などと思っていることが非常に多いのです。
どうしても自分のほうが正しいと信じたいので、自分の悪いところが見えなくなり、相手の良いところも見えなくなる。
だから、相手が気に食わないと思ったときこそ、自分を見つめなおす時なんです。


↑上の文は、仕事場の休憩室に貼ってあるカレンダーに載ってました(爆)。
今の自分にとっては、これ以上にありがたい言葉はないです、ホントに。
先日、今回の件で、友達に八つ当たり気味に愚痴ってしまったり、もうどこに怒りをぶつけていいのかわからなくなってたので・・・(死)
こんなのもありますね。

「自分と違うから気に食わない、ではなく、自分と違うなら、そこを尊敬することが大事」
(BUCK-TICKベーシスト、樋口豊(笑))


 というわけで、自分をゆっくりと見つめ直し、どうすればそういう人たちともうまく付き合っていけるかを考えないといけませんね。
相手がこちらの気持ちを理解してくれないなら、こちらが相手の気持ちを理解してあげないといけないのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レンタルCGI ブログパーツ ブログパーツ
声殺して、目を塞いで、闇に溺れて彷徨って SZMBC記録帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる