FUnny MIdas Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年末日記 クスリ編

<<   作成日時 : 2017/12/30 13:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、前回の続きで、今回はお薬(意味深)関係です(笑)。

Twitter等でも時々話してますが、20年近く皮膚病と付き合ってまして…最初はただのニキビかと思っていたのですが、大人になっても治らず、風に当たるだけでヒリヒリ痛むほど酷くなり、病院に通うようになりました。
既に15年近く通っていて、薬を飲んでる時期だけは皮膚炎は引いてくれるのですが、飲むのをやめるとすぐに元通りですし、体調や環境が変化するとすぐに悪化。
特にここ二年ほどは特に悪化してきたので、なんか良い方法はないかとネットで調べてたら、海外のサプリを売ってるサイトを知り、それを使った治療法を載せたブログを参考に、色々試してみました。

結果!
15年飲み続けた薬、通い続けた皮膚科とおさらばし、海外サプリへ乗り換えました(笑)。


画像

まずはこれ、パントテン酸ことビタミンB5です。
1粒で日本のサプリや薬の約10倍もの保有量。
1日の摂取量は1000mgらしいですが、これを4000mg(8粒)飲むことで、皮膚炎の原因の一つである皮脂の分泌を抑えることが出来ました。
ただ、生まれてこのかたずっとオイリー肌だったのが急に乾燥肌になってしまったので、シャンプーから洗顔料まで全て買い換える必要もありました。(;´▽`)
それと最初の頃はお腹が緩くなる副作用も出ましたが、今は平気です(笑)。

しかしもうひとつ問題が。
以前医者で処方されていた薬は、ビタミンB5以外のB群も入っていて、それが睡眠障害やストレスの緩和にもなっていたみたいなんです。
なので、パントテン酸に切り替えた直後、とてつもないイライラとストレスに襲われ、眩暈と動悸、手の震えが出てしまい仕事を休むハメに…(;´Д`)
ビタミンB群で、抗うつ薬みたいな離脱症状が出るなんて聞いたことありませんが、15年摂取し続けた成分が急に供給されなくなったんだから、身体が異常を訴えることもあるのかも…と思いました。


画像

そこで海外サプリ第二弾、ビタミンB群+Cを、国産サプリの2倍近い量をとれる、これに変更。(^q^)
しかもタイムリリース加工という、ゆっくりと体内に溶けだす仕組みになっているので、普通のビタミン剤と違い、すぐに体外へ排出されないため、効果が長持ちするそうです。

ちなみにコストパフォーマンスに関しては、残念ながらあまり変わらなかったのですが、病院に通う必要がなくなったのと、その時の調子に合わせて飲む量を変えられるので、これからはこの二つで皮膚病と付き合っていくことになりそうです。


画像

更に、まだ試してないのですが、皮膚のターンオーバーを超加速させるという海外産塗り薬も確保。(^q^)
ニキビ治療で有名なディフェリンゲルを超強力にした感じらしく、使い勝手はやや難しいらしいですが、これを使って皮膚炎の痕を治療できればな、と思ってます。(*´▽`)


さて、次の更新では最後、趣味のことについて書こうと思います。
趣味関連も例年と大きく変わりましたので。
それでは、また!
年内に更新できるかしら。(´^q^`)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2017年末日記 クスリ編 FUnny MIdas Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる